体調の異変を知らせる

くまができる原因

目の下のくまやたるみが現れる原因は人によって様々です。最も多いのが老化による症状ですが、10代や20代でも目の下のくまやたるみが現れることもあります。その原因の一つと言われているのが、血行不良です。血行不良になる原因は睡眠不足や食生活が原因と言われています。この場合の目の下のくまは黒くまと言われており、黒く見えるのが特徴です。赤くまと言われることもあります。血行不良を改善するとくまやたるみを消せるため、マッサージや温めたタオルを目の上において血行促進を促すことで改善を目指せます。他にも、茶くまと言われる紫外線や摩擦などにより色素沈着を起こした際にできる目の下のくまもあります。茶くまは目の下だけでなく、まぶたにもできていることがあります。目全体に色素沈着が起こっているのが特徴です。このような、血行不良や色素沈着の場合は、施術はもちろん、食生活を正し、目の周りを集中的にケアする化粧品を取り入れることが大切です。症状が現れても毎日のケアや生活に気を付けることで改善が目指せます。

病気を現す可能性もある

目の下のくまは、病気をサインを発していることもあります。病気の一つと言われているのが、鉄欠乏症貧血です。赤血球に存在しているヘモグロビンが減少すると貧血を引き起こしやすくなります。貧血を改善するには鉄分が必要ですが、体内に鉄分が不足している場合ヘモグロビンを作ることができません。この場合貧血を改善できず、目の下のくまとなりサインが現れることがあるのです。この場合に現れるのが青くまです。食事から鉄分を摂取するようにし改善しましょう。他にも、腎臓疾患や肝臓疾患で目の下に青くまが現れる場合もあります。腎臓や肝臓は体内にある老廃物を排出させる働きがありますが、腎臓や肝臓の働きが弱まると体外に排出できず老廃物が蓄積されてしまいます。老廃物を排出させることで血液を綺麗に保てますが、それができなくなってしまうため血行が悪くなり腎臓疾患や肝臓疾患に繋がってしまうのです。このような病気を発症させないためにも、体に良い食事や生活リズムを気遣うことが大切です。